緑内障について

緑内障は、視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。一度障害を受けた視神経は、再生することがなく、失明する危険を伴う大変怖い病気といわれています。そして、実は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な病気でもあります。近年、若年層に増加している傾向にあり早期発見、早期治療が重要です。40歳前後の方は定期的に眼科を受診されることをお勧めします。